FC2ブログ
棘(いばら)の未知(みち)へ
金縷の衣は再び得べし、青春は再び得べからず。 一人青春万歳!20歳で老けたなんて言わせない! (言わない)
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
せんだ
  • せんだ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
旅の報告書②
データをどんどん解析していこう。まず、旅全体にかかった費用だが、

○自転車本体も含め、旅の準備における費用総計

  203650 円 (レシートが全く残ってないため概算)

○旅を出発してから帰還するまで、道中で使った費用総計

  157957 円

合計すると、

  361607 円


 予想していた30万を越えてしまった。。1ヶ月でこれだから、まぁ安い方なのかもしれないが。


 さて、道中の費用について掘り下げてみる。
  157957 円
の内訳は、
  38298 円 (食費)
   6845 円 (飲料費)
  33285 円 (宿泊費)
  79632 円 (諸経費)
である。諸経費は途中で購入したテント、レインウェア代からフェリー代金まで様々で、そんなに大した話ではない。また、炎天下の中チャリをこぐ上で飲料費はかさむだろうと思っていたが、項目を分けるまでもなかったようだ。

 ここでひとつの指数を導入してみる。その名も

 「エンゲル係数」

である。これは総経費におけ食費の割合を示すもので、その割合が大きいほど生活水準が低いとされる。今回の旅の場合、

(38298+6845)/157957×100 = 28.6%

 この数字がいかほどなものなのか… http://learning.xrea.jp/%A5%A8%A5%F3%A5%B2%A5%EB%B7%B8%BF%F4.html より抜粋すると、

 「20以下は上流、25以下はゆとりのある生活、30以下はややゆとりのある生活、50はやっと生活ができる…」

となるらしい。…あながち間違いではなさそうだ。




p.s.旅の費用に当てはめんなよというツッコミは受け付けません。
スポンサーサイト

【2006/09/12 21:27】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<旅の報告書③ | BLOG TOP | 旅の報告書①>>
この記事に対するコメント
ばっちりええもん食ってたもんな(・∀・)ニヤニヤ
【2006/09/12 22:47】 URL | ´ω`)ノ こんぬづわ #Lm6S65hA [ 編集 ]
否定はしません。。
【2006/09/13 00:21】 URL | せんだ #- [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://cheechoff.blog51.fc2.com/tb.php/185-95649a0e


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。