FC2ブログ
棘(いばら)の未知(みち)へ
金縷の衣は再び得べし、青春は再び得べからず。 一人青春万歳!20歳で老けたなんて言わせない! (言わない)
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
せんだ
  • せんだ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
旅の報告書①
 さて…帰還してから2日目の夜、ようやく報告書を書く気になった。天橋立へ行った時とかどっか旅行行った時とか、毎回毎回報告をすっぽらかして次のことを始めていたので、今回ばかりはしっかり報告、というか旅の整理をしようと思う。

 まずはデータ整理からいきますか。28日間の走行距離、走行時間、平均時速の総計、平均をとってみる。


        走行時間       走行距離        区間
 1日目  4:41:49     109.35     実家~米原(滋賀)
 2日目  6:21:48     143.63     米原~豊橋(愛知)
 3日目  6:38:52     128.25     豊橋~静岡(静岡)
 4日目  3:56:40      83.26     静岡~三島(静岡)
 5日目  5:14:09      97.32     三島~横浜(神奈川)
 6日目  2:01:34      41.84     横浜~台東区(東京)
 7日目  3:21:29      80.37     東京滞在(山野BBJC)
 8日目  2:05:26      36.98     東京滞在(北上の準備)
 9日目  6:21:38     152.76     台東区~那須塩原(栃木)
10日目  3:47:32      78.89     那須塩原~郡山(福島)
11日目  4:02:28      91.77     郡山~白石(宮城)
12日目  4:17:53      89.60     白石~松島(宮城)
13日目  3:57:27      90.49     松島~平泉(岩手)
14日目  5:23:03     127.57     平泉~岩手町(岩手)
15日目  7:59:01     183.66     岩手町~青森(青森)
             道島上陸
16日目  1:05:12      14.85     青森~函館(北海道)観光
17日目  0:59:37      17.74     函館滞在(観光)
18日目  7:31:59     153.92     函館~豊浦町
19日目  5:34:56     112.07     豊浦町~札幌
20日目  3:51:59      82.96     札幌~浜益(石狩)
21日目  6:12:57     146.56     浜益~初山別村(苫前郡)
22日目  4:18:15     124.61     初山別村~稚内
23日目  2:48:44      67.19     稚内~猿払村(宗谷郡)
24日目  4:55:24     119.44     猿払村~美深町(中川郡)
25日目  5:23:45     120.31     美深町~旭川
26日目  7:54:51     188.37     旭川~小樽
27日目  0:00:00       0.00     フェリー(小樽→舞鶴)
             本島帰還
28日目  5:38:19     122.18     舞鶴(京都)~枚方(大阪)


 総計  126:26:59    2811.9km     ave. 22.23km/h
日平均   4:30:57     100.4km
宗谷岬到着までに         2225.4km


 滞在日や全く動いていない日も含めて日平均100キロも進んでいたとは…自分でも驚きだ。まぁ観光などほとんどせずストイックにチャリをこいでいた結果と言えるだろう。

 総計2800km。実感の湧かない人のために。3000kmと言えば、大体日本縦断であったり、東京からフィリピンまでの距離だったりするそうです。…後者は余計に実感が湧かないね(笑)

 日常とは違う生活をみなに垣間見てもらうなど大口をたたいていたが…別の意味で異常な生活を見られたのではないだろうか。観光で行く時は電車やら車やら使って行くことをオススメします、チャリだと正直それどころではない(笑)

 そこにも絡むが、今回の旅で身にしみたことは、
  ① 疲れた後のメシはうまい
  ② 疲れた後の風呂は気持ちいい
  ③ 疲れた後は爆睡できる
の3点セットだろうか。や、ホント飯はうまかった。名産も食べたし吉野屋でもすき家でも食べたけど、全部うまかった。名産のありがたみはわからなかったのだが(汗)

 少しマジメにいこう。旅をして、今の自分に足りないなと感じたもの、それは

  「日進月歩」

という言葉がふさわしい。追われるものがテスト勉強のみ、という大学生にとっては耳の痛い話であるが、ご多分にもれず俺はなんでも1日で済ましてしまおうという短絡的な思考回路だったのである。テスト勉強もさることながら、一番無駄だと感じたのは娯楽の使い方である。立ち読みにしてもネットサーフィンにしても、毎日コツコツとやりゃそれなりにストレス解消にもなるし時間の無駄遣いでもなく、むしろ日々こなさねばならぬ仕事がはかどるというもの。だがその娯楽に要する時間が長すぎると、両方の長所が一気に失われてしまう。それは以前から分かっていたが、なかなか治るものではなかった。
 だが今回の旅ではそれをイヤというほど感じた。毎日自転車をこぐ中、ゆっくり行きたいと思う時もあれば早く進みたいと思う日もあった。データを見れば後者の方が多かったように思えるが。で、今日もっと進んでおけば明日は楽ができると無理をしようとしても、なにせ相手が自分の体なもんだから、すぐに限界がくるのである。しんどくなって途中いくら肉を食ってもそれは一時の安らぎ、やっぱり足はまたすぐに動かなくなる。結局もういいかと行程を終え、テントを張る場所を探して見つけたらすぐ寝る、という日々が続いた。その中で、一日にやれることには限界があるのだな、計画的に動かなければ無駄が生じてしまうのだなということを、まさに実感していたのだ。

 そんなことから道中何度か考えていたのは、旅とは「日常生活の集約」なのではないかということだ。
 普段暮らしている自分達は、自分自身で言うならば今は大学生でこれから院に行くのか就職するのかの分岐があり、そこから大学に残るだのフリーになるだの昇進するだの、恐らく辿るであろう色んな道筋がある。人生の最終的な目的などこんな若さで立てようもないとは思うが、少なくとも大学卒業、院試合格、就職決定などは目には見える。だが、目的は見えても具体的にどうすればよいかと言われれば、それに対する確信の持てる回答は恐らく、誰も持ち合わせてはいない。それは日々の努力により、試行錯誤の連続によりうっすらと見えてくるものかもしれない。しかしがむしゃらな努力では時に方向性を失ったり、期待通りの結果が得られなかったりすることもあるだろう。大事なのは「目的を見据えること」と「それにかなう道筋を描き、毎日コツコツと努力すること」という話も、ある。
 一方、旅はいたって単純なものである。目的は目的地に着くことであったり、ある歴史的建造物を間近に見ることであったり、ある土地の特産物を腹一杯食べることであったり、明確なものを自分で設定できる。自転車の旅であれば、その目的に向けて日々、左右の足を交互に前に出すだけである。が、(徒歩ならば余計にあてはまるのだが)自転車の旅特有のもの「一夜漬けでは達成できない」がある。それは物理的にもそうであるし、精神的にも、何日もの間ただ一つの目標に向けてひた走ることはそう多くの人ができることではない。そこで必要となるのが、「日々の目標」と「息抜き」である。今日はとりあえずあそこまで行こう。途中、あの道の駅に着いたら焼きたてのパンを食べよう。と。自分の精神の持続力を知り、それに合わせてこれらを行程に鏤(ちりば)める。
 ものの見方は千差万別だが、この2つ、同じ構成をしていないだろうか。大きく違うところは、「スケールの大きさ」と「可知か不可知か」であるが、そこよりむしろ共通点を見るべきだろう。「大きな目的があり、それに達するまでに設定すべき小さな目的がある」「毎日続けること、分量を決めて続けることでその目的に近づける」こと。

 そして、俺は1つの「小さな目的」を達成した。

 旅に出る前に設定し、道中色形を変えた旅の目的。旅を終えた時、またその形を変えた。面白い。非常に愉快である。ただ左右の足を前後させるだけで、こうも色々な考えが生まれ、変わるとは。これもまた…旅の中で得られたことである。
スポンサーサイト

【2006/09/12 11:44】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<旅の報告書② | BLOG TOP | 28日目報告&帰還>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://cheechoff.blog51.fc2.com/tb.php/184-4f0d9c65


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。