FC2ブログ
棘(いばら)の未知(みち)へ
金縷の衣は再び得べし、青春は再び得べからず。 一人青春万歳!20歳で老けたなんて言わせない! (言わない)
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
せんだ
  • せんだ
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
19日目報告
9/1(金) @アイカフェ札幌店

 走行時間…5:34:56
 走行距離…112.07km
 平均時速…20.0km/h
 総走行距離…1839.3km

 昨夜はきっかり10時に寝たので、きっかり6時間寝ようと起床は4時。あたりは明るくなろうとしているところで、十分撤収作業が行える。
 なぜこんなに早く起きたのかというと、理由は2つある。1つは、今日の晩は学部の友人と一緒に飯を食う約束をしたからだ☆彼らは昨日から旅行で北海道に来ていて、ちょうど札幌に来る日程が合ったから会おうという話になった。それでもし今日つけないようならけっこー迷惑がかかってしまうので、という話である。
 もう1つはセコイ話なのだが、宿泊料を浮かすためである。昨日温泉の隣にあると言っていたキャンプ場、実は有料であることにテントを張ってから気づいたのだが、注意書きには「朝に回収に向かいます」とあった。とゆーことは管理人が回収に来るまでに撤収すれば金払わんでえーやんけ!という発想である。普通にセコイのだが、ここで500円浮けば晩飯のグレードが1つ上がる(笑)そして後者は出発時、見事に成功。まわりにまったく人気のないままキャンプ場を後にする。

 今日は札幌まであと110kmの道のりが残っていたが、何より恐ろしいのは途中にある中山峠である。標高は箱根峠と同じ800ちょい。そして峠に到達するまでにもなにやらアップダウンが続きそうな等高線の模様。この道で100km越えは…やるしかないのだがね。

 スタートしてまもなく急な上り登場。寝起きでこれは非常につらい。ぐちぐち愚痴をこぼしながらも、淡々と上る。上る。そして2時間くらい上がったり下ったり、途中でセイコマ(なかなか出てこない)やらトイレ付の休憩所(ただの駐車場)に寄ったりしていると、村表示のところに着く。留寿都(ルスツ)村というところで、村街地とでも言うべきところを走っているとちょうど中学生が登校中で、横を通ると「うひょー!がんばれー!!」と声援が。嬉しかったが恥ずかしながら返すこともできず振り返らずにそのまま進んだが。しかしうひょーって。まぁそのノリ好きだけど。
 で、そのときちょうど体力的にキツかったので、途中ローソンに寄り本日2回目の朝食をとる。ジューシーフライドチキン!!!!ウマー!やっぱ肉でスよね。と元気が出たところで出発。

 その後も上りはひたすら続き、あれよ下って下って、とそこには中山峠のスタートラインチックな表示板が。下るだけ下って峠とは…完全にチャリダーに対するイヤガラセである。それでもめげずに挑む。

 …奴はなかなか強かった。2回の休憩を要して2時間近く上りっぱ。峠以前にもかなり上ってきてたので峠の山頂に着いた時はもう足がガチガチだった。800ちょいの標高は箱根峠と並ぶ。キツさはどっちもどっちだったが、それにしても…峠越えはクセになりそうですなー☆上り切った後の報酬がたまらなくウマイ。今日の報酬、昼飯はすき焼き丼プラス揚げじゃが、デザートもごつくてもう満腹幸せ☆

 そして後は札幌まで下るだけ、十分休憩した後に勢いよく道の駅を飛び出す。途中道路情報センターなるところで昼寝(気がついたら30分笑)したりもしたが、なんと3時に札幌入りしてしまった!意外に早く着いてしまったので、これは観光ができそうだと早速駅まで行ってびっくり、おっきい!!東北の主要駅は仙台、盛岡、青森と北上していくごとにだんだん規模が小さくなっていったが、札幌はどうやら別格のようだ。駅の大きさだけで言えば京都駅に近いくらいはある。そして駅南側の正面にドンと構える大きな星柄の時計をはじめ、札幌駅内はいろいろな芸術家達がコーディネートしていて、いたるところにオブジェがあった。おしゃれな駅やな~。で地下とか駅周辺とかひととおりまわったのだが、けっこー疲れてて時計台以外写真を撮るのを忘れてしまった…しくしく。。

 駅観光を終えて晩まで特にすることがなかったのだが、友人と食べようと言っていたすすきの駅は札幌駅から少々距離があり(っつっても数キロだが、それでも)、峠越えでボロボロになっていた足でもう今日はチャリはこげない状態だったので、寂しいながらも1人で札幌で晩飯食べてしまおうかと思っていると、なんと俺に合わせて札幌で一緒に食べてくれるらしい!やたっ☆久しぶりの知人との再会に胸躍りながら、やっぱりすることがなかったので(幸いにも筋肉の使いどころが違うのか歩くことはできた)駅のすぐ近くにあるということで北大に行くことに。別に目的はなく工学部くらい見れればいいかなーとかしか思ってなかったが、まぁ一度は志望校にもした大学、どんな所か見てみて損はあるまい、てな感じである。ここではいらん写真をたくさん撮ったので少し前を見てもらえればわかると思うが、あえてここで一言言うなら、緑が多い!あれは大学ではなく公園である。

 ちょうどよい時間になった所で駅に戻り、友人達を待つ。彼らは車だったので駐車とかに苦労したようだったが、8時半には無事合流☆こっこー無理な運転をしているらしくみんな疲れているよーだったが旅を満喫しているようだ☆お互い様やね。。少し話した後、メールで挙げていた候補の中から選んでプルコギ屋へ。ジンギスカンもプルコギも肉鍋というくらいしか知らなかったがそんなことはどうでもよく、とりあえずウマかった☆ほとんどすき焼きと変わらんやんとみんなでツッコミを入れていたが、鍋本体もさることながら札幌ラーメンサラダをはじめ一品ものもグッド。みんな食後に運転が待っていたため酒は飲めなかったが、おかげでお手ごろな値段ですんだ。

20060904172437


 彼らはテント設営所を探さねばならなかったので食後は早めに店を出た。帰りの船もあさってに予約しているらしく、いろいろ大変なようである。ま、それはともかく、中津くん、りょーさん、だいごろーありがと!帰ったらまた遊ぼう☆

 で別れた後は駅前のアイカフェ(函館と同じチェーン店)へ直行し、9時間パックをとってひと段落。またまたマンガを死ぬほど読んで、ブログ更新はほどほどにソフトクリーム、お茶漬けをありったけ食っていつのまにか就寝。既に朝になっていた気もするが…

スポンサーサイト

【2006/09/04 18:09】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<20日目報告 | BLOG TOP | 稚内>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://cheechoff.blog51.fc2.com/tb.php/143-daad40b0


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。